企業の宣伝効果を目的として、商品購入の際に粗品として貰うものがノベルティです。無料で配って大丈夫なのかと思いますが、企業にとっては自社の名前を数多くの人に知ってもらうことが大事と言えます。昔はタオルやボールペンなどが多かったものですが、近年は携帯ストラップやオリジナルマスコットのぬいぐるみなど工夫したものが多く作られています。企業側からすれば、作ったノベルティが家の中だけで使用されているのでは宣伝効果が発揮されません。外で使えて、可愛らしいものや利便性の良いものをノベルティにする企業が増えています。ノベルティを付けてくれた人が外で自然と企業の宣伝をしていることに繋がりますので、無料で配布しても大丈夫なのです。

近年ではオリジナルのノベルティを集めるマニアの方も多くいます。限定品のノベルティを出すことで商品を手にする人もいます。インターネットでは各企業が作り過ぎてしまったノベルティを激安で購入できるサイトもあります。中にはレアなものがある場合もありますので興味のある人は覗いてみると良いです。企業的には使ってくれることが望ましいのでしょうが、マニアの方は大切に保管してしまう事の方が多いですので、悩みどころかもしれません。ノベルティは普通に市販されているものを購入するよりも良い出来のものが多いし、非売品や限定版という言葉に弱い人は多いので、ついついゲットしてしまう方も多いものです。

人が物を購入する時に参考にするのが、他の人が使っているものや雑誌やテレビ、口コミなどの情報です。インターネット社会になった現代ではノベルティと同じような役割を果たしているのが、ブログなどの掲載に張り付けられているバナーなどです。アフィリエイトなどをして広告をブログに張り付けることで、そこからクリックしてもらい商品を購入してもらうという方法は企業にもアフィリエイト参加者にもメリットがあります。企業の名前を知ってもらうことは、テレビCMだけでは無理と言えます。テレビを見ている人にとっては興味のないCMは邪魔なものです。CM中にトイレや用事を済ますこともあるでしょう。僅かなCMの中で興味を持たれるようなCM作りをしている企業も多いでしょうが、逆に何を伝えたいのか分からないCMも多くなっているので、シンプルで分かりやすいCMの方が良い場合も感じられます。面白い宣伝をして企業名を知ってもらうか、企業名よりも商品を知ってもらうかでCMの雰囲気が違っているのでじっくりCMを見てみるのも面白いです。

Comments

コメントを残す

Your email address will not be published. Name and email are required


*